新宿二丁目のバーで恋愛相談をするのが日課

Category : 恋愛を語る

新宿二丁目って、たまに無性に行きたくなるんです。
オカマさんが経営しているバーなんて最高に楽しいですよ。本当に話が面白いんです。
そこで結婚の相談をしたりなんかするのですが、あんたこんなバーに来ている時点で結婚できないわよ、なんて言われてしまいました。

男性からすればオカマバーで自分のことをいろいろと話されるのは嫌かもしれません。
でも優しく話を聞いてくれるし、たまに厳しいことも言うけれど的を射ているので勉強にもなるんです。
彼ら…いえ、彼女たちはとても人生経験が豊富なので話しているだけで自分も成長できる気がするんですよね。

私は彼氏ができることにはできるのですが、長続きしないのが悩みです。
私が相手に尽くしてしまいがちになるのがいけないみたいですね。
バーでもそのことについては散々注意されています。
尽くしてしまうと相手が調子に乗って浮気するようになってしまうのだそうです。

たしかに今までの男は浮気をしたり私の財布からお金を盗んだり仕事を辞めたり、とにかくダメ人間になってしまうパターンが多かったですね。
私自身はダメ人間にしているつもりはないのですが、お母さんのような存在になってしまうので男性が無意識に甘えてしまうのだそうです。

バーで教わったのは、男に対してもっと厳しくしなくてはいけないということ。
ただもう年齢も年齢なので、厳しくしたら男性はますます寄りつかないと思います。
かといって優しくすると今度はダメ男になってしまうし、本当にどうすればいいんでしょうね。

結婚は無理かもしれないというのはうっすら気付いていますが認めたくありません。
私と付き合う人も、彼女としては見てくれているかもしれませんが結婚相手としては対象ではないのかもしれないですね。

この年になると本気の恋愛なんてできないのでしょうか。
私が男性を養ってあげるくらいの気持ちで恋愛をしないとうまく行かないのかもしれません。
ということは専業主夫を探すのが一番ということでしょうか。

Comments are closed.