連絡を取るのを止める時にどう伝えるべきなのでしょうか

Category : 恋愛を語る

メールのやり取りをして、なんだかこの人とは合わないなと思った時にどうやって連絡を取るのを止めるか迷います。
はっきりと言った方がいいのか、なんとなく数を減らして言って自然消滅させた方がいいのか。
 
結局私はフェードアウトの形で終わらせてしまうのですが、相手が積極的すぎる人だとこちらがメールの数を減らしてもずっとメールを送り続けてくることがあります。
そういう人もいるので、はっきりと連絡を取り合うのは止めましょうと伝えた方が良いんですけどね。
 
なかなかはっきり言えない理由は二つあります。
まず一つは、自分からお断りをすることで高飛車な女だと思われてしまうのではないかということ。
良い女でもないのに、せっかく好意を持ってくれた相手を突き放すというのはなんだか最低な行為のように思えるのです。
 
友達からはあなたは優しすぎるんだよと言われますが、本当にその通りだと思います。
相手がどう感じるかを考えるのはもちろん大事ですが、そればかりに気を取られて自分の本音がわからなくなってしまうんです。
なのではっきり伝えることができないんですよね。
 
そしてもう一つは、はっきりとあなたとは価値観が違うようなので、とお断りして逆切れされたら怖いという理由です。
メールでやり取りしている分にはあまり怖いと感じる人はいませんが、友達の体験談を聞くと断ったらいきなり豹変した人などもいたそうで。
 
中にはグロテスクな画像を送ってきたり、罵ったり脅したりしてくる男性もいるそうですよ。
そのような話を聞いてしまうと、いくらやんわり伝えるとはいえお断りするというのはリスクが高すぎると思うんです。
なので最近仕事が忙しくて、と忙しいフリをしてメールを返さないというパターンばかりなんです。
 
それでも今日は何してるの、今週会おうよというようなメールを送り続けてくる人もいるので難しいですね。
受信拒否をするのも怖いし、無視するしかありません。
私みたいに臆病で曖昧な態度しか取れない人は、婚活に向いていないような気がしてきました。

 

Comments are closed.