ネット婚活のプロフィールは重要 【女性編】

ネット婚活のプロフィールは重要 【女性編】

ネット婚活サイトのプロフィールの書き方は
男性も女性もとくに違いはありません。

「プロフィールの書き方【男性編】」で書いたことはそのまま女性にも
当てはまることなので、よかったら男性編にも目を通してください。

ネット婚活のプロフィールは重要 【男性編】

今回は女性編というとことなのでボクの実体験をもとに
良いプロフィール、悪いプロフィールをご紹介したいと思います。

希望条件が高すぎると印象は悪い

ネット婚活サイトのプロフィールには必ず
どのような相手が希望なのかを記入する欄があります。

相手の年齢や年収などの他にも、身長とか親との同居とか
各ネット婚活サイトでいろいろな設問が用意されています。

これは便利だと思って、希望する男性像を正直に書いている女性をよく見ます。
しかし希望条件が高すぎると印象がかなり悪いのでやめた方がいいです。

本当は年収800万円以上の男性にしか興味なくても、
年収400万以上の男性が希望のように装いましょう。

本心をそれをそのまま書いてしまうと罠にハマります。

年収800万円以上
身長180cm以上
大学は一流じゃないとダメ

そんなふうに書いてあると
ただの「いけ好かない女」です。
傲慢で高飛車な印象を与えるので、ほとんどの男性は敬遠すると思います。

とくに、年収800万円で身長180cmで一流大学卒の優良物件男子は
他の女性へと流れてしまうでしょう。

男性が「バスト90cm以上・処女・親の介護をしてくれる女性」などと書いていると
かなり印象が悪いと思います。
それと一緒です。

年収800万円以上の男性としか結婚する気がないのだから、
はじめからそうはっきり書いておいたほうが一見効率的に思えます。
それ以下の男性からの申し込みを最初から弾くことが出来るので、
余計な手間もかからないから。

しかし、効率を求め過ぎると婚活は失敗します

たとえ面倒でも年収400万円とか500万円の男性の相手もきちんとこなすのです。
いちいちお断りのメールを送るのです。

そうやって面倒をこなしてでも希望年収400万円以上としておいた方が
自分の本当に希望するハイスペック男子を捕まえる可能性は高いでしょう。

効率を求めると物事がかえって前に進まなくなるのは世の常。
ネット婚活サイトも例外ではありません。

男女の意識のズレ

男性は基本的に尽くしてくれる女性が好きです。
男を立ててくれる女性が好きです。
家庭的な女性が好きです。

そういった古風な大和撫子を男性は好むのです。

しかし女性は逆に自立した強い女に憧れます。
ただ憧れているだけならいいのですが、
「男性もきっとそういう女性が好きなはず!」と思い込んでいる人が
たまにいるので注意が必要です。

具体的に憧れの女性像を挙げると、

・男性に対しても自分の意見をはっきり言う
・有能で仕事ができる
・自分なりの価値観を持っている
・雑誌などの受け売りではない自分なりのオシャレ

こうした要素は男性の望むところではありません。
別に自立してなくていいのです。
個性的でなくていいのです。

かっこいい大人の女性より、可愛げのある癒し系がいいのです。

こうしたギャップに気づかずに
「自立した強い女」である自分をアピールしてる人がたまにいます。

アピールすべきは可愛げであり、癒し的な要素です。
自分が男性にしてあげたい事などをさり気なくアピールすると
ポイントが高いと思います。

奉仕する意思や姿勢を示すことは非常に重要です。

テーマが一貫しているプロフィールは印象に残る

たくさんのプロフィールを見てきて思うのは、
焦点がぼやけていて人柄がよくわからないプロフィールが多いということ。

「インドア派です」と書いているわりには趣味は野球観戦だったり。

「仕事が忙しい」と書いているわりには趣味欄に
スキーにサーフィンに映画に音楽にいろいろな趣味がびっしり。

「地味で目立たない私」と書いているわりには
お酒がメチャクチャ強くて、みたいなことも書いている。

本当のことなのだろうけど、
戦略として上手くないなと思います。
意外性を見せるのはもっと後からでも遅くはありません。
メールをやり取りするようになってからとか、
直接会ってから見せればいいのではないでしょうか。

プロフィールの段階では自分のキャラクターの方向性を
ある程度絞っておいた方がいいでしょう。
統一感のあるプロフィールは印象に残りやすいです。

明るく元気タイプ
・友達5人と旅行に行ってきました
・体を動かすことが好き
・居酒屋とかで大勢でワイワイ騒ぐのが好き
・好きな男性のタイプは楽しい人 面白い人

知的タイプ
・美術館に行ってきました
・京都が好き
・和服の着付け教室に通っています
・デートではプラネタリウムに行きたい

まじめタイプ
・図書館に行ってきました
・付き合った人数が少ない
・休日はボランティアによく参加します
・お酒が飲めない

こうした感じでカラーをはっきりさせると
そういった女性が好みの男性をガッチリ捕まえれると思います。

同じタイプのライバル女性がいたとしても
その人が統一感のないちぐはぐなプロフィールを書いていたら、
強く男性の心には残らないはずです。

テーマを鮮明にしたプロフィールの女性はけっこう印象に残ります。