ネット婚活サイトに提出する各証明書の取得方法まとめ

証明書

ネット婚活サイトでは身分証の提出が法律で義務付けられています。
具体的には免許証・保険証・パスポートなど。

デジカメなどで撮影してアップロードすればいいだけなので簡単で手間もかかりません。

一方で、任意提出書類というものが存在します。
独身証明書や在職証明書などがそれで、
提出するしないは本人の自由です。
自分の信用につながるものなので提示しておくと申し込みの件数が増えたり、
アプローチしたときに返事が返ってくる確率が高まります。

取り寄せた書類をデジカメなどで撮影してアップロードすればいいのですが、
Yahooお見合いだけは原本を郵便で送らないといけません。

各証明書の取り寄せ方

【在職証明書】

その会社で間違いなく働いているということを証明する書類。

勤務している職場の総務課に発行を依頼します。

なぜ必要なのか理由を聞かれることはあまりありません。
しかし、例えば総務課の人と仲が良かったりしたら尋ねてくる可能性も。
在職証明書はローンを組むときに必要になることが多い書類なので、
婚活していることを知られたくないときは
「新しいテレビをローンで買おうと思って」などと言って誤魔化しましょう。

サイトによっては会社名などが確認できるなら給与明細や源泉徴収票でも
OKとしてるところもあります。

【収入を証明する書類】

プロフィールに記載した年収に偽りがないことを証明できる課税証明書や
源泉徴収票など。

ポイントは前年の収入がわかる書類であること。

給与明細では年間の収入が確認できないので不可の場合が多い。

源泉徴収票は年末などに会社から給与明細と一緒に渡されたりします。
もし紛失している場合は市役所(区役所)で再発行してもらえます。

【卒業証書】

最終学歴を証明する書類。
卒業証書か卒業証明書のいずれかを提出することになります。

卒業証書は卒業式にもらう例のあの表彰状みたいなやつですね。
卒業証明書はもう少し小さな紙切れ。
企業に就職するときなどに学歴を証明する書類として提出したりします。
まさかあの筒を提出するわけにもいきませんからね。

卒業証書でOKのサイトなら話は簡単だけど、
卒業証明書を要求するネット婚活サイトもあります。

卒業証明書が必要な場合は母校に申請して発行してもらいましょう。
母校のホームページを見れば申請の仕方などが載っています。

【独身証明書】

独身であることを公的に証明してくれる書類です。

注意する点は、「独身証明書」は2種類あるということ。
少しまぎらわしいためYahoo知恵袋などでも混同して回答されている方を
たまに見かけます。

本来「独身証明書」とは
国際結婚などの際に必要になる「婚姻要件具備証明書」のことを指します。
法務局などに申請して発行してもらう少し大袈裟な書類になります。

しかしネット婚活サイトなどに提出するのはこれではありません。

「結婚情報サービス・結婚相談業者提出用証明書」というもっと手軽なものがあります。
ネット婚活サイトなどで「独身証明書」というときは、こちらのことを指します。
本籍地の市役所の戸籍課で発行してもらいます。

本籍地が遠い場合は郵便で申請します。
どのネット婚活サイトでも申請用紙を用意しているので、
それに必要事項を記入して返信用の封筒や手数料と一緒に送ります。

手数料は300円ぐらいが一般的。
支払いには定額小為替というものを使います。
郵便局で取り扱っているので郵送するときに購入するといいでしょう。

なお、独身証明書の申請については各自治体で
値段や申請方法が違っていたりするので、
必ず事前にホームページで確認しておきましょう。

戸籍謄本などでも独身であるかどうかは確認できますが、
戸籍謄抄本の場合、関係ない人の個人情報まで載っているため
ネット婚活サイトなどは提出を要求しないようにしています。

それに代わる手軽な書類として新しく平成11年に誕生したのが
「結婚情報サービス・結婚相談業者提出用証明書」です。
昨今の婚活ブームでこの書類を申請する人は増えており、
「独身証明書」という単純な名前で呼ばれることの方が多くなっています。

おまけ:独身証明書を申請する用紙の見本
独身証明書

こちらはエキサイト恋愛結婚の独身証明書申請書になります。
独身証明書を申請される方はエキサイト恋愛結婚のホームページから
この書類をプリントアウトして、
本籍地の市区町村役場に提出します。

他の各ネット婚活サイトにも同じような申請書が用意されています。
入会したサイトからプリントアウトして役場に提出してください。